好評の観測ダッシュボードについて

ビキアの相馬です。

観測所のダッシュボードの公開、ご好評を頂いています。 まだ、ご覧になっていない方は是非! 横浜観測所へ(アカウント/パスワード共に”guest”)

現状のBluetoothの通信環境に関してご報告させて頂きます。

ビキア 「IoTスターターキット for μPRISM」では、センサーとゲートウェイの間はBluetoothで通信します。前回もこのブログでお話させて頂きましたが、横浜の観測所では結構な距離があり、接続があまり安定しない状況でした。

先日、メンテナンスの際、距離はあまり変わらないのですが、より電波が回り込まない位置に設定してみました。(おそらく若干遠くなったと思います。)
この結果、安定度が増しました。万一、接続が切れた場合でも、すぐに接続状態に戻るようになりました。

弊社、スターターキットでは通信が切れても(再度接続できる環境になれば)自動的に接続を回復するように出来ています。サンプリング時間にもよりますが、短い時間の切断ならば計測に対する影響はたいしてありません。

加えて、私はBluetoothの切断の通知をメールにより受信するように設定しています。変更前は頻繁に、それこそ朝でも、夜中でも関係なくアラートメールが来ていました。最近は、ずいぶん落ち着いており、枕を高くして眠られるとはこの事です。
しかし、切断はあまり気持ちのいいものではありません。