好評の観測ダッシュボードについて

ビキアの相馬です。

観測所のダッシュボードの公開、ご好評を頂いています。 まだ、ご覧になっていない方は是非! 横浜観測所へ(アカウント/パスワード共に”guest”)

現状のBluetoothの通信環境に関してご報告させて頂きます。

ビキア 「IoTスターターキット for μPRISM」では、センサーとゲートウェイの間はBluetoothで通信します。前回もこのブログでお話させて頂きましたが、横浜の観測所では結構な距離があり、接続があまり安定しない状況でした。

先日、メンテナンスの際、距離はあまり変わらないのですが、より電波が回り込まない位置に設定してみました。(おそらく若干遠くなったと思います。)
この結果、安定度が増しました。万一、接続が切れた場合でも、すぐに接続状態に戻るようになりました。

弊社、スターターキットでは通信が切れても(再度接続できる環境になれば)自動的に接続を回復するように出来ています。サンプリング時間にもよりますが、短い時間の切断ならば計測に対する影響はたいしてありません。

加えて、私はBluetoothの切断の通知をメールにより受信するように設定しています。変更前は頻繁に、それこそ朝でも、夜中でも関係なくアラートメールが来ていました。最近は、ずいぶん落ち着いており、枕を高くして眠られるとはこの事です。
しかし、切断はあまり気持ちのいいものではありません。



IoTと補助金

ビキアの萩尾です。

中小企業の経営者の方であれば一度は導入を検討したことがあると思われる補助金のお話です。

世の中には様々な補助金がありますが、中小企業に対してもバックアップしてくれる制度があります。例えば、作業の改善をおこなったり、新しいものやサービスを創出したりする事で、その経費を補助金で補うことができます。補助金は資金が豊富でない中小企業にはありがたい制度で、弊社でも利用しています。

さて、ここからが本題で、IoT補助金の話をします。
「IoT、ビックデータ、AI」は作業の効率化や新たな製品やサービスを創出することで産業界にとっては注目のテクノロジーで、国策として導入が推進されています。試しに「Society 5.0」や「未来投資戦略2017」などと検索すればその注目度合いが分かるかと思います。しかし、IoT導入の恩恵を受けるであろう産業であっても、中小企業ではなかなかその数が増えていません。なぜでしょうか。

大企業などでは何十年も前からIT化が進められ、機器やネットワークのインフラも充実していることから、IoT導入のハールドルは高くはありません。しかし、中小の、特に非IT系の企業となると、IoT化はもちろんIT化さえ難しいところが数多く存在します。その理由を中小企業庁が出している資料から抜粋すると「中小企業におけるIoT,AIの活用状況は1割未満となっており、この数字をあげるためには”人、知恵、金”が必要である。」と述べられています。手間とコストがかかるのです。
更に、総務省の通信白書によると、日本の企業は他のIT先進国に比べて「IoT化の恩恵についてあまり期待していない」と思っており、IT/IoT化の意識が低いという傾向があります。世界的には、ここ4~5年でIoTデバイスの数が倍になると予想されているのですが、日本ではそうはいかないようです。

そこで補助金の登場となります。仕組みとしては、IoTを活用した取組をしている中小企業に対して、資金面での支援が行われるというものです。機器の導入費用からコンサルタント委託経費まで賄える補助制度のものが多いので、”人、知恵、金”のすべてに適用できます。

弊社が籍を置く横浜市にも『IoT導入スタートアップ補助制度』があります。 弊社のIoTスターターキットはこの横浜市のIoT補助制度の対象システムとなっており、補助金の限度額まで利用できるお得セットを期間限定で発売しています。横浜市に限らず、多くの自治体や団体からIoT補助金が提供されていますので、ネットで検索してみてください。また、弊社では補助金を使ったIoT導入に関してアドバイス等できることもあると思いますので、不明な点については弊社にお問い合わせください。

参考サイト



不可解な現象が発生、夜に何かが光っている? ー其の1ー

ビキア相馬です。

弊社では、皆様にダッシュボードとは、どんなものかをご紹介したく、横浜観測所を設置しました。アクセスはこちらから(アカウント/パスワード共に”guest”)

今回は設置したセンサーが不可解な状況を計測していますので、そのご紹介です。
先に話しておきますと結論はありません。この現象の原因は、未だ謎のままです。

まずは、観測の環境を確認しましょう。
この観測の主な目的は「直射日光の影響を排除し気温を計測する」ということで始めました。センサー周りの空気を循環させることにより、直射日光の影響を受けないということを再検証するため、センサーは塩ビのパイプに収めてあります。(「通気筒」というそうです。)
塩ビのパイプの上部には、雨をしのぐための蓋があります。(↓下の写真)

 
センサーは筒の中に納まっていますので、環境光や紫外線は、あまり意味のない情報と考えていました。『そんなことを測定しても仕方がないが、μPRISMには7種のセンサーがパッケージ化されているので仕方ない。』と考えていました。(ちなみにセンシング種別毎にダッシュボードから簡単にon/off出来るので、環境光や紫外線は、センシングしないという選択肢もあります。)

私は色々なところでIoTスターターキットをご紹介する際に『先入観を持たずに、まず測定しましょう。』とか『データを取ると何か意味があるかもしれません。』などとアドバイスしています。しかし、今考えると、自分自身が先入観モリモリだったことが分かります。

話を謎の観測データの件に戻します。
横浜観測所の片方のセンサー(00089C001D36)の紫外線が少し反応していることに同僚Tが気付きました。なんだか一定間隔だったので、ただの興味本位で調べることにしました。最初は観測したのが夜でしたし、小さい値しか出ていないので、多分ノイズであろうと考えていました。

 
しかし、過去のデータを集計してみると、夜だけに紫外線が検知されていることが判りました。(赤が「00089C001D36」で、青がもう1つのμPRISMの紫外線の値を示します。)

 
直ぐに過去のデータを見ることが出来るというのは威力絶大です。また、長い時間のスケールで見ることも重要だと再認識させられました。短い時間で見ていたら、きっと、この様なことは気が付かなかったと思われます。

しかし、なぜ?紫外線が夜に?しかも片方のμPRISMセンサーだけが。。現象は明確なのですが、説明がつきません。過去に遡って、いつから発生しているのか調べてみました。

9月11日から、この現象は発生しています。(別の記事でも説明していますが、センサーは、ほぼ同じ環境、条件下で2つ設置しています。下のグラフは、両方のセンサーの紫外線の状況を赤と青で表示しています。因みに、データで赤がなかったりデータが途切れたりしているは、その間、通信が途絶えたことを意味します。)

 
なぜ、9月11日から?謎は深まります。繰り返しになりますが、過去のデータを見ることが出来ることは、非常に便利です。一昨日、何を食べたかも定かでない私にとって、約1か月前に何をしていたか覚えている訳がありません。過去のチャットやメール、バグや様々な情報を管理しているチケットなどを漁ってみましたが、結局のところ、何も判りませんでした。

印象としては、今年は9月に入ってから急に寒くなって、雨が多かったと思いました。しかし『急に気温が下がったのは、いつからだったろうか?』という感じです。天気予報は大雑把な値しか示しません。『そうだ!気温ならダッシュボードに記録がある!』(そのために設置しているのに、それさえも忘れそうでした。)

9月10日から11日に掛けては、ぐっと温度が下がっている様です。『原因はこれか?』と思えるようなグラフは得られますが、なんでかは、さっぱりわかりません。
下のグラフは青が気温、赤が紫外線です。

 
湿度を見れば雨がわかるかも?うーん、9月12、13日は晴れたようですね。これは、あまり相関がみられない様でした。下のグラフは青が湿度、赤が紫外線です。

 
最初に説明した通り、なぜ夜に紫外線が感知する原因は、まだ判りません。
「なんだよ、判らないなら、その製品は役に立たないじゃないか」というご指摘があれば、そうかもしれません。ここから、何か意味のある情報を導き「夜に紫外線が検知される様になると秋だとか、1人前になったとか、幸運が訪れる。」みたいな結論にしなければなりません。

現段階ではオカルト現象です。でも、見る人が見れば「塩ビの○○○放射だよ」とか「夜には蜘蛛の巣は光るんだよ」と言い当てられる可能性もあるでしょう。もし、何かご存知の方いれば、教えて頂けると助かります。

私達は多くの場合、知覚できる情報を元に状況を認識します。IoTスターターキットを使うことにより、あなたの知覚出来る情報を質、量、時間的により高めることが可能です。

本現象は継続調査ということで、進展ありましたら、また、こちらでご報告します。



水中でのBluetooth(電波)について紹介

ビキアの萩尾です。

前回の相馬のBluetoothに関する記事に続いて、水中でのBluetooth(電波)について紹介します。

私の自宅では、水を張った30cmサイズの水槽にIoTセンサー(μPRISM)を入れて環境値を計測しています。センサーはジッパー付きポリ袋を二重にして防水し、それだけでは水に浮いてしまうので吸盤で固定しています。設置場所については、水槽はベランダ、ゲートウェイは室内にあり、センサーとゲートウェイは1メートルぐらいの距離があります。センサーとゲートウェイ間の障害物は、水、ガラス2枚(水槽、窓)です。

気になるところのBluetoothの感度ですが、もちろん何も障害物がない状態と比較すれば接続成績はよくありませんが、ほぼデータを受信しています。たまに切れますが、自然の状態で水温は急激には変わることはありませんので、支障がない範囲かと思います。

水槽の中央底へセンサーを置くと接続は切れてしまいますので、センサーは水面近く、もしくは水槽の壁際に設置してあることが必要です。数週間計測を続けていますが、水温は一緒に入れてある水温計とほぼ同じ値を示しています。
湿度は、水に入れてから数時間かけて100パーセントになり、それ以降ずっと100パーセントのままです。理由は今のところ不明です。気圧は参考程度ですが、台風24号のときは977hPaを記録しているので、センサーが大気中にある状態と同じような数値でした。照度や紫外線も計測しています。
水槽で魚を飼っている場合、ヒーターのサーモスタットが故障して水温が高くなってしまい、魚が全滅したという話をよく聞きます。温度をインターネットで監視できて、メールなどの通知も受け取れるIoT技術はこういう時に役に立ちますね。



環境に依存する無線の話

ビキアの相馬です。

Bluetoothという無線規格があります。
 こんな↑マークです

スマホでスピーカーやヘッドホンを接続する際によく使用されるので、ご存知の方も多いかと思います。弊社製品の「IoTスターターキット for μPRISM」では、センサーとゲートウェイ間のやり取りに使用しています。

無線通信には色々な種類があり、ネット等には様々な情報があります。私も普段は『繋がればいいや』程度の運用です。しかしながら、実際に試してみると、自分の当たり前が間違っている事が多いです。

「IoTスターターキット for μPRISM」で使用しているBluetooth4.2で最近、私が知ったことを共有します。ちなみに弊社「IoTスターターキット for μPRISM」は、直線距離10メートルを上限の目安としていますが、環境に大いに依存するというのが、今回の話です。

もしかするとBluetoothの本来の使い方を逸脱しているとか、他の製品には当てはまらないかもしれません。そこはご容赦願います。

1. 金属の缶
金属の缶に入れても電波は飛びます。さすがに電波強度は落ちるようですが、全く使えないということはありません。
私は電波が切れるか切れないかのぎりぎりの状況を作る出すため(いちいちデバックで20mも離れるのは面倒ですので)、缶に入れてちょっと遠く(1-3m)に離します。金属の缶は電波を通さないと思っていました。

2. 電波が障害物を回り込むための角度の重要性
横浜観測所(アカウント/パスワード共に”guest”)のセンサーとゲートウェイの位置関係は次の絵のようなものです。センサーは地面、ゲートウェイは2階の窓からぶら下げており、センサーとゲートウェイの間には”屋根”という電波にとっての障害物があります。
電波は障害物を回り込むことが出来るので、通信は出来ていましたが接続成績が良くありませんでした。ある時、ふと思いつき、窓の上側に付けたところずいぶん改善されました。センサーとゲートウェイは近いほうが良いのではないかと思い窓の下側に設置していましたが、センサーが屋根から離れたことで、電波が回り込みやすくなったようです。
 

 
3. 水の中からでも電波は届く
「電波は水の中を通らない」と思ってました。なんとなく…で試したところ、水の中でも大丈夫でした。
しかし、現在のμPRISMを絶対にそのまま水没させないでください!!
何かしらの方法で水が入らない様に防水対策をしてください。
きちんと対応すれば、水の中でもゲートウェイと通信ができます。
ただし、水中なので気圧と湿度は当てにしない方が良いでしょう。

少し話が変わります。
前回も結構ゲートウェイは、大丈夫とお話しましたが、その後日談です。
台風24号は、日本列島を猛烈な風と雨で縦断して行きました。ゲートウェイは結構な雨を被ったと思います。加えてセンサーが飛んで行ってしまわないかと心配しました。(センサーはそれなりのお値段しますので…)
何回も瞬間的な停電に見舞われ、ゲートウェイも散々でした。その都度、自動起動し計測するシステムをみて頼もしく思いました。

以下はその時のダッシュボードの画面です。気圧(赤線グラフ)が右下に下降して低くなっていくと同時に加速度(青線グラフ)の振り幅が激しく上下しています(台風の接近に伴い、風が強くなってきた様子がしっかりと記録されています)。